2018
04.29

ボク物語 1話 「始まりの時」

いいね! 2
Loading...

プレイ日記

 

????「おーい アリシア 起きろーー!!」

 

アリシア「うぅ・・・。」

 

アリシア「うぅ・・・。 ん・・!?」

 

????「起きろ アリシア!!」

 

アリシア「うぅ・・・。 おはよう・・。 マスター・・。」

 

マスター「おい しっかりしろ! 今日はアークスになるための卒業試験だろ・・w遅刻するぞ!」

アリシア「・・・。 はッ・・。 そうだった・・!」

アリシア「マスターなんで、もっと早く起こしてくれないんだッ!!」

マスター「それは・・。アリシアが気持ちよさそうに寝てたからな・・!(本当は寝顔とそのラフ過ぎる格好を眺めてry」

アリシア「ボクが遅刻したら・・アークスになれないんだぞ!」

マスター「すまねぇ・・。」

アリシア「早く準備して行かないと遅刻する・・。」

 

「ガチャン!!」

「シャーーーー。」

アリシア「ブツブツ・・・。」

アリシア「ブツブツ・・。」

アリシア「とゆうか・・! マスター・・!! さっきからジロジロ見過ぎだぞ!」

 

マスター「すまねぇ・・。 ついつい・・。 」

マスター「可愛いアリシアをみたくてな!!」

アリシア「しょうがないなぁ・・!」

 

アリシア「サービスアタック❤」

 

マスター「おうlyryふ!」

アリシア「しまった・・! マスターに構ってる暇は、ボクにはなかったんだ!!」

 

アリシア「よし 準備おっけい! マスター行って来まーす!」

 

マスター「いってらっしゃーい! サービスアタック❤ (俺には効果抜群だったぞ・・。」

 

 

 

 

 

アリシア「ふぅ💨 何とか試験会場に間に合ったよ・・。」

 

????「おはようございます アリシアちゃん🎵」

アリシア「おっ! グレーテル おはよー!!」

 

グレーテル「アリシアちゃん 遅刻するかと思って心配しましたよ・・。」

 

アリシア「ボクも今日に限って寝ぼうするとは・・。」

 

グレーテル「でも・・。よかったです。間に合って🎵 試験はペアで行動するので、アリシアちゃんが来なかったら・・。グレーテルも不合格になっちゃいます・・。」

 

モブアークス「ε=ヾ(*~▽~)ノキャー! 特待生のハーディス様よ~❤」

 

ハーディス「・・・・」

 

モブアークス2「待て待て! その隣にいるのは憧れの狙撃手ハートネットちゃんだぜ!!」

 

ハートネット「・・・・」

 

アリシア「なんだよ・・!特待生だからって、みんなにチヤホヤされて・・!(ムカつく」

グレーテル「特待生もそうだけど・・あの二人は特待生の中でも群を抜いて優秀らしいですよ!」

アリシア「ふぅ~ん ボクの方が強いしセクシーなんだけどな!」

グレーテル「アリシアちゃん・・。(どこから・・その自信湧いてくるんだろう・・。遅刻ギリギリなのに・・。」

 

ハートネット「ねぇ? ハーディス あたし達がこんな試験やる意味あるのかしら?」

 

モブアークス2「ハートネットちゃ~ん❤ サイン下さ~い❤」

ハートネット「o-_-)=○☆) ౩・๑)ごふッ・・。」

 

ハーディス「文句を言うな ハートネット これを受けないとアークスとしての認定を受けれない!!」

 

モブアークス「キャーε=ヾ(*~▽~)ノ ハーディス様~❤ 格好いい!」

 

アリシア「おい! 特待生!!(邪魔なモブアークス達だ・・。 ここまで来るのに時間がかかったぞ・・。」

 

グレーテル「やめなよ・・。アリシアちゃん・・(>_<。)」

 

ハートネット「なによ! あなた達? モブアークス??」

 

アリシア「違うぞ! ボクはアリシアだ! そしてボクの隣にいるのがグレーテル!」

アリシア「さらに言うと!この卒業試験 キミ達より先にクリアするぞ!」

グレーテル「アリシアちゃん・・。 やめてくださいー(>_<。)」

 

ハーディス「へぇ~ 面白いな お前達 オレ達より先に試験をクリアするか!」

 

モブアークス「なに言ってんのよ! ペーペーは黙ってなさいよ!!」

モブアークス2「オレ達のハートネット様に勝てるわけねぇだろ!!」

アリシア「うるさい! モブアークスども!!」

グレーテル「ごめんなさい~(;O;)」

アリシア「いくぞ! グレーテル!!!」

グレーテル「はぃ・・。(>_<。)」

 

ハーディス「久々だな オレ達にこんなこと言うヤツ! アリシアか・・ 覚えておこう。」

 

ハートネット「どうせ! モブアークスと変わらないわよ! 気にすることないわ」

 

 

 

アリシア「あぁ~! チヤホヤされまくってムカつくよ! グレーテル! 速攻クリアするぞ!!」

 

グレーテル「アリシアちゃん・・。 グレーテル達にそんなこと、できるかな・・。 いつも成績は中間なのに・・。」

 

アリシア「余裕でしょ!!!」

グレーテル「・・・アリシアちゃんの自信が羨ましいです・・・。」

 

 

モブアークス「いよいよ試験が始まるよー! 会場前に集合ーー!!」

 

 

アークス教官「いよいよ この時が来たな! アークス訓練生!諸君!!」

 

アークス教官「さぁ、試験の内容は、ロックベアの討伐だ!」

アークス教官「この試験をクリアして晴れてアークスになるのだ!!!」

 

アークス教官「そして、アークスになり!この紋章に心臓を捧げよ!!!!」(ドーン!!!)

 

みんな「おーーーーーー!!!」

 

アリシア「ナベリウスに到着っと🎵 行くぞ! グレーテル!!」

 

グレーテル「はい🎵 アリシアちゃん🎵 頑張りましょう!」

 

 

 

 

 

アリシア「いよいよ! ボクの! ボクたちの冒険が始まるんだッ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

????「・・・・・」

????「・・・・・」

 

・・・終わり・・・

 

 

 

 

 

「アリシア」

「グレーテル」

「ハーディス」

「ハートネット」

「????」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • いづきん
    • 2018年 4月 30日

    キャ───(*ノдノ)───ァ ハーディスくんかっこいいよぉぉぉおあ!!!

    • ヨッキ
    • 2018年 4月 30日

    お、ストーリー更新!
    そういえば前にオルハとアリシアくんの出会いの話を考えた時に
    任務がロックベアだったなあ…(独り言

    で、相変わらずアリシアくんの寝てる姿はエロい(キリッ

画像を追加する(JPEGのみ)