2017
09.18

ボクと不思議な国の仲間達 第3話 「闇夜の王」 (前編)

いいね! 2
Loading...

プレイ日記

魔王????「皆さん、ごきげんようですわ!!」

 

ヘンゼル「・・・・ごきげんよう・・」

 

????「ごきげんよう魔王様。」

 

????「ごきげんようでござる、魔王様!!」

 

????「こんちは! 魔王様~!!」

 

アームストロング「ごきげんよう、魔王様」

 

王の左席????「ごきげんよう・・・魔王様・・」

 

カグヤ「ごきげんよう..魔王様。」

 

魔王????「今回、皆さんを召集したのは、私の妹のアリシアについて聞きたかったのですわ!!」
魔王????「私のアリシアは私の右腕に相応しいか?」
魔王????「アームストロング、ヘンゼル、お前達が一番アリシアと近くで、接していたはずですわね!?」

 

ヘンゼル「・・俺は・・(グレーテルしか….見てない…とは..王の前では言えない….)・・普通だと・・思います!!」

 

アームストロング「(何を言っているんだ…ヘンゼル…。)」
アームストロング「失礼を承知で申し上げますが…魔王よ!!..まだ..あの娘は王の右席には相応しくないかと思われます!!」
魔王????「ほぉ!なぜ? そう思うのかしら!?」
アームストロング「はい…自信過剰の割に実力もそれ程じゃありません!」

 

????「不甲斐ないでござるな!お前達がもっと王の為に妹を拷問してでも強くすれば良いでござる!!」

 

????「デカぶつは黙っていなよ!! ボクの刀で海の藻屑にして上げようか?」
????「なっ!我が破壊の力でおぬしから先に魚の餌にでもしてあげるでござろうか!?」

 

王左席????「・・王の前だ!みっともないぞ!天剣????、破壊機????…!!」
天剣????「ちッ….せっかく遊んであげようと思ったのに・・」
破壊機????「すまなかったでござる…」

 

魔王????「皆さんの妹への愛は充分にわかりましたわ」
魔王????「任命する! カグヤ!! そなたが我が妹が王の右席に相応しいか、見極めて来よ!!」

 

カグヤ「はい..わらはの闇の力を持って、王の期待に応えてあげますかのぉ」

 

魔王????「全ては妹アリシアの為ですわ!!!」

 

 

 

 

 

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ヨッキ
    • 2017年 9月 19日

    なんか空気が重い…。

    • ながれ星
    • 2017年 9月 19日

    一体何が始まるんです・・・?

画像を追加する(JPEGのみ)