2017
09.10

ボクと不思議な国の仲間達 第2話 「金の斧・銀の斧」

いいね! 6
Loading...

プレイ日記

アリシア
やぁ~(‘-‘*)

今日もすこぶる可愛いボクだよぉ~(^^ゞ

オルハ
こんにちは オルハです。
アリシア
今日も元気に冒険に行くぞー🎵 オルハ!
オルハ
朝から元気ですね。アリシアさん”(-“”-;)”
アリシア
まぁね!ボクは君みたいなクールと違って、オープンクールだからねヽ(´ー`)ノ
オルハ
全く意味がわかりません…。

グレーテル「こ..こんにちは…みなさん。」

アリシア
やぁ~(‘-‘*) グレーテルじゃないか!

それは、ベ⚫工場の作業服かい?

オルハ
こんにちは グレーテルさん

グレーテル「はい..これはベ⚫工場の作業服ですぅ。」

no name
ほぉ、裸にオーバーオール! いい趣味してるな!!ベル工場長!!

オルハ
ベ⚫工場長にそんな趣味があったのですね..。
アリシア
グレーテル! その作業服いいな! ボクにも着せろ!!

グレーテルの物はボクの物だ!!!

アリシア
なんか…某アニメで聞いたことがある…セリフですね…。

ッて!! アリシアさん…やめなさい!!

グレーテル「いやぁ~…脱がさないでぇ~(>_<。)」
アリシア「いいじゃん!! ボクにも着せろぉ~!! よし!」

オルハ
やり過ぎですよ…アリシアさん…。

アリシア「見よ!! ボクの方が可愛いだろ!!」

グレーテル「はぅぅ~~・・・(>_<。)」
グレーテル「アリシアちゃん..ヒドいですぅ…。」

アリシア
ごめん、ごめん、返すよぉ~(‘-‘*)

グレーテル「大丈夫です… 他にも着替えありますし、ベ⚫工場作業服も何着かありますので、あげますよ…。」

アリシア
お~(‘-‘*) それは悪いね( ̄ー ̄)b じゃぁ、ありがたく貰ってあげるよぉ~ヾ(^▽^)ノ
オルハ
絶対..悪いと思ってないですね…アリシアさん…(ボソッ
アリシア
ん? 何か言ったかい? オルハ
オルハ
いえ…何も..。 それにしてもグレーテルさん着るの早いですね。

グレーテル「よくあることなので・・・。(>_<。)」

オルハ
追い剥ぎ…。

アームストロング「アリシアボーイ オルハガール グレーテルシスター 私だ!!」

ヘンゼル「・・・・・・(何で..俺のグレーテルが、こんな野蛮人共と…。)」

アリシア
ん? おっさんとシスコンか!!

だけど…何でボクだけボーイなんだよッ!! 何か用か?

オルハ
こんにちは アームストロングさんとヘンゼルさん

アームストロング「お前達が最近、変な事をしてないかと思って、ある問いを持ってきたのだ!」

ヘンゼル「・・・・・(くッ….俺のグレーテル…グレーテル…。)」

アリシア
このボクに問題かい?( ̄ー ̄) 頭脳明晰、心も体もチート級のボクに問題とは!いい度胸だ!!
オルハ
アリシアさん…どっから..その自信がくるんだろう…。

そして、ヘンゼルさん…さっきから..一言も喋ってない…。

アリシア
無口のシスコンは、ほっとけ!オルハ!!

グレーテル「お兄ちゃんもいるんだし..グレーテルも頑張らないと…(*≧m≦*)」

アームストロング「そうか! なら問いを出してやろう!!
ここに金の斧・銀の斧・鉄の斧がある! お前達ならどの斧を選ぶ?」

アリシア
そんな簡単な問題か!

可愛い差ピカイチ、頭脳明晰、心も体もチート級のボクには、金の斧が相応しい!!

オルハ
私のマスター…メセタがないので金の斧です..。

ヘンゼル「・・・・・金」

グレーテル「グレーテルは…。
金の斧も銀の斧もグレーテルには…高価な物なので鉄の斧にします…。」

アリシア
・・・ギロッ(偽善者)
オルハ
・・・(金の斧 銀の斧がリリーパなのは…誰もツッコまないのですね・・)

グレーテル「…なんだろう…アリシアちゃんの視線がすごく痛くて目が開けられないです・・。」

ヘンゼル「・・・・・(グレーテルの目が開けられないだと…妄想中…。)」

妄想のグレーテル「..お兄ちゃ~ん…前が見えな~い…ほどいて~(>_<。)」
妄想のヘンゼル「いいぜ!…全部、ほどいてやるよ( ̄ー ̄)」
妄想のグレーテル「お兄ちゃ~ん…だ~いスキぃ~(*≧m≦*)」

アリシア
おい! 変態シスコン!!

また..妄想が画像としてupされてるぞ!!

オルハ
相変わらず..すごい妄想力ですね…。

グレーテルさんはまだ目を閉じてるので気付かれなくて、良かったですね..。

アームストロング「愚かな者達だな…茶番はそこまででいいかな?」
アームストロング「この問題はお前達の欲求の深さを示している!!」
アームストロング「高価な物程、お前達は貪欲ということだ!!」

アリシア
ふぅ~ん( ̄ー ̄) だからどうしたの?(*≧m≦*)

アームストロング「だからお前は愚かだと言っているのだ!!!」
アームストロング「ゴールドリリーパギルティスラッシュ!!」

アリシア
うわぁ~~!!

うッ….ダサい名前なのに強い…..。バタッ….。

オルハ
大丈夫ですか…。アリシアさん?

アリシア「うッ….。ッて、何でボクだけ吊るされてるんだ…。」
アームストロング「愚か者は吊るされてるのがお似合いだぞ! アリシアボーイ!!」

アリシア「そんなわけ..あるかッ!! この髭ずらァ~ヽ(*`Д´)ノ」
アームストロング「まだ…懲りないのか..。」
アームストロング「いけッ!! ゴールドリリーパ達よ!!」

アリシア
ひぃ~(>_<) 服を脱がすなァ~・・・。
オルハ
アリシアさんにも罰がきたのですね。(納得)
アリシア
そこで…納得するなァ~!! オルハ~!!

アリシア「うぐぅ・・・。 何でこうなるのぉ~(>_<。)」
アリシア「おっ!グレーテル!!ボクを助けろぉ~(>_<)」

グレーテル「吊るされてる…アリシアちゃん..すごく..可愛いですぅ…(^^)ニコニコ」
グレーテル「食べちゃいたいですぅ~(*≧m≦*)」
アリシア「グレーテルがダークネス化してるゥΣ( ̄□ ̄)!」

グレーテル「太股も美味しそぉ~(‘-‘*) お胸も美味しそぉ~(‘-‘*)(ぺろぺろ👅)」
アリシア「いやぁ~(>_<。) そんなとこ舐めるなぁ~(TOT)」
アリシア「誰か助けてぇ~・・・。」

オルハ
この展開は…もぉ..(18)このお話しはやめましょう!!
オルハ
ということで第2話は…これで完結です。 変な終わり方ですけど・・・w

 

 

 

 

 

 

「不思議な国の闇使いアリシア」

 

「お菓子職人グレーテル」

 

「普段着ヘンゼル」

 

「リリーパの支配者アームストロング」

 

「グレーテル・ダークネス」

 

 

 

オルハ
アリシアさん そいえば、今回はキャラ紹介なかったですね?
アリシア
うゥ~・・ヒドい目にあった….。 次回、キャラ紹介の予定だよ…。 じゃぁ、顔だけ公開・・。
オルハ
アリシアさんとは思えない落ち込み具合ですね

「??????」

オルハ
なんか…怖そうなキャラですね・・。
アリシア
それは…次回でのお楽しみで・・。
オルハ
もぉ..一つ質問なんですけど! グレーテルさんダークネス化ッて、言うのしてましたけど..。 アリシアさんもダークネス化できるのですかね?
アリシア
グレーテル・・・?((((゚д゚;))))ブルブル((((;´・ω・`)))

みんなできるよ….。 ボクのはカッコ可愛いぞ!

「アリシア・ダークネス」

オルハ
おー! 格好いいですね!! (アリシアさんの前じゃグレーテルさんは禁句か..w あの状況は想像もしたくないですね…。

今回は長々とお疲れ様でした( ̄ー ̄) 次は3話ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • いづきん
    • 2017年 9月 13日

    アリシアくん≧グレーテルちゃん 

    になりつつある・・・ ダークネスグレーテルちゃんそこ代わってくださいお願いします(切実)

    • ヨッキ
    • 2017年 9月 12日

    私のマスターメセタないのでに吹いた

    貧乏アークスでごめんよ、オルハーw

    • 星乃華
    • 2017年 9月 10日

    その内このコーナーR18になるんじゃないかな( ̄▽ ̄;;)

      • 2017年 9月 11日

      そんなことしたらラッピーマスターに消される…w

    • ベル
    • 2017年 9月 10日

    机の上に「作業着代」って書かれた数十Mの請求書が置いてあったんだけど・・・。

      • 2017年 9月 11日

      数十m?「作業着代」100mで請求書出して置いたはずです!

画像を追加する(JPEGのみ)