2017
10.05

ヨッキ家の3姉弟 5話 「隣人さんいらっしゃーい」

いいね! この記事が「いいね!」と思ったら押して下さい!
Loading...

プレイ日記

ミコト「引っ越ししたね・・・」

 

オルハ「そうね・・・」

 

クレハ「ってかさ・・・・」

 

クレハ「前の家とあまり変わらない気が・・・」

ミコト「そんなことないよ」

ミコト「こっちの部屋なんて色々変わってるよ♪」

クレハ「まさかウスガタテ・レビ買うとは・・・」

オルハ「そのためにミコトちゃん、クロトさんの臨時バイト行ってたからね」

ミコト「これでアニメが楽しく見られるぜ♪」

クレハ「・・・そっすか」

 

数時間後・・・・

クレハ「で、なぜか俺が挨拶に行かされる訳で・・・」

クレハ(ってか普通、親父じゃないのか?最近姿見せないけど・・・)

ピンポーン

???「はーい!どうぞー」

クレハ(あれ・・・普通確認してからドア開けないか!?)

???「あれ?ドア開いてない?」

クレハ「あー・・・失礼しますー!」

???「あ!もしかして君ってオルハの弟くん?」

クレハ(そういやお隣さんオルハちゃんの知り合いとか言ってたな)

クレハ(ってかこのひと超イケメン!?)

クレハ「あ、はい!クレハって言います。姉がいつもお世話になってます・・・」

クレハ「それで今日引っ越してきまして、これツマラ・ナイモノですが」

 

???「そういえば今日するとか言ってたっけ?」

???「あ、紹介が遅れたね、ボクは・・・」

???「アリシアちゃん、お客さんですか?」

アリシア「あ、グレーテルやっと起きたんだね」

グレーテル「そうなんですよ〜。疲れてたみたいです〜」

クレハ「!!!!??」(驚きのあまり声が出ない)

グレーテル「あれ・・・あなたは確か!」

クレハ「ちょ・・・・なんで!?」

 

クレハ(ちょっと待てよ、素数を数えて整理しよう・・・)

クレハ(動悸と息切れが止まらないな、深呼吸しよう)

クレハ(スーハー・・・ゲホゲホ)

クレハ(よし、落ち着いたぞ)

クレハ(で、この状況を判断すると・・・)
クレハ(目の前のイケメン、そしてベッドにいるあの子)

クレハ(で、イケメンさんが言ってたのセリフ「起きたんだね」・・・・)

クレハ(うん、なるほど。)
クレハ(いやあ、さすが俺、やったぜ俺!)
クレハ(・・・・はぁ)
※ここまで10秒

アリシア「どうしたんだい?ボク、変なこと言っ・・・」

 

クレハ「お邪魔しましたー!!!!どうぞゆっくりしていってねー!!!!」

バタン!

 

グレーテル「どうしたのかな?」

アリシア「ボクが聞きたいよ!」

アリシア「とりあえずわけがわからないからグレーテルを脱がす!」

グレーテル「アリシアちゃん、わけがわからないですぅ〜」ジタバタ・・・

 

数分後

 

クレハ「はぁ・・・・」

クレハ「あんなイケメンには勝てねーよ・・・」

 

オルハ「・・・クレハ、アリシアさんの家に挨拶行ってからあぁなんだけど」

オルハ「何かあったのかな?」

ミコト「うーん・・・」

 

ミコト「平気じゃない?クレハのことだからお腹空いたら元に戻るって」

 

オルハ「・・・それもそうね。」

ミコト「それよりも、このシーンかっこよくない?この監督って見せ方すごいうまいよね」

ミコト「前作の敵のポーズもそうなんだけどさ・・・・」

オルハ「ごめんミコトちゃん、よくわからない・・・・」

クレハ「イケメンは俺の敵ぃぃぃぃぃぃ!!!!」

終わり

 

■登場人物
オルハ ヨッキ家長女 そういや無気力症どーなった?
ミコト ヨッキ家次女 アニメについて語ると小一時間止まりません
クレハ ヨッキ家長男 色々あるんです。仕方ない。思春期ですから みつ(ry

■友情出演
アリシア  唯家のボクっ娘 ネオスーパーサイクロンジェットミラクル可愛いんだ!(本人談)
グレーテル 唯家のロリっ娘 常にお兄様が見てる 兄「・・・グレーテルを見てたな?」

6話?うん、全く考えてないや(満面の笑顔)

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2017年 10月 06日

    クレハ君のライバルが増えたw
    グレーテルとクレハ君の絡みも今度、撮るかw

      • ヨッキ@Everlasting
      • 2017年 10月 08日

      写真みて思ったけど、アリシアくん男装もいけるんじゃない?
      クレハとグレーテルちゃんの絡みか!
      楽しみっす。声かけてくれれば用意するんで!

画像を追加する(JPEGのみ)