2017
12.03

ヨッキ家の3姉弟 13話「全力全開!」

いいね! この記事が「いいね!」と思ったら押して下さい!
Loading...

プレイ日記

クレハ「えー・・・全国の女性アークスの皆さん」

クレハ「最近、ヘタレだのイケメンだの言われてるクレハです。」

「明日の訓練は1人で遺跡エリアの終点までこい」

クレハ「で、言われた通り来たのはいいんだけど・・・」

 

クレハ「・・・どーしてコウナッタ?」

クレハ「コレってさ守護輝士が戦ったやつだよな!?」

クレハ「ってかなんでここに・・・!!?」

 

ドォォォォォォン!!

 

クレハ「そう簡単にやられるかッ!」

 

「・・・・この試練に打ち勝て」

 

クレハ「ぐはっ・・・」

 

クレハ「何度打ち込んでも倒れないってバケモノかよ・・・!」

クレハ「・・・ってかバケモノか」

 

クレハ「・・・だからってそう簡単に負けるには」

クレハ「いかないんだよッ!」

 

クレハ「ガハッ・・・・・!!!!」

 

クレハ「く・・・そ・・・・」

 

クレハ「から・・・だ・・・が・・・・」

クレハ「・・・・うご・・・・・か」

クレハ「・・・・な・・・・・い」

 

 

 

 

 

 

 

 

クレハ「あれ・・・・ここは?」

 

???「なんだ・・・・しょせんはその程度か?」

 

クレハ「・・・・この声はルクスフリーデン!?」

クレハ「ってかなんか口調変わってない?」

「まったく、こんなものでよくもまあ、あのようなクサイ台詞が言えたもんだな」

ルクスフリーデン「君は俺が守るだっけか?」

クレハ「なっ・・・・・!!」

ルクスフリーデン「ずっとお前のそばに居たんだ、知らないわけないだろ?」

 

ルクスフリーデン「単刀直入に言わせてもらうとだ・・・」

ルクスフリーデン「今のお前じゃあのグレーテルを守ることはできないな」

ルクスフリーデン「姉のオルハやあのイケメンに任せた方がいいんじゃないか?」

クレハ「・・・・・ッ」

ルクスフリーデン「ほらさっさと帰って飯でも食って早く寝よう・・・・」

 

クレハ「・・・嫌だ」

ルクスフリーデン「・・・・何かいったか?」

クレハ「・・・嫌だっていったんだよ」

ルクスフリーデン「聞こえなかったのか?今のお前じゃ無理・・・」

クレハ「グレーテルちゃんは俺が守るんだよ・・・・ッ」

クレハ「そのために俺は強くなるんだ・・・」

ルクスフリーデン「ふん、口だけは達者だな」

ルクスフリーデン「だが、敵を眼の前にして動けないのにどうするんだ?」

クレハ「・・・誰が動けないって言った・・・・ッ」

ルクスフリーデン「威勢だけはいいな、でも起き上がれないだろ?」

ルクスフリーデン「あんだけダメージ受けてるだろ」

クレハ「・・・あんな・・・・攻撃!」

 

クレハ「・・・あの時に比べたらこんな傷・・・・ッ」

クレハ「・・・それに約束したんだッ!!」

クレハ「あの子を守るってなっ!!」

クレハ「はっ・・・・!!」

クレハ(立てた・・・・けどちょっとふらつくな)

 

ルクスフリーデン「ぷっ・・・・ははははははははははは!!!!」

クレハ「笑うな!!!」

ルクスフリーデン「いや、すまんすまん。こうでもしないとお前の場合立ち上がらないと思ってな」

クレハ「ってことは・・・・今までのって」

ルクスフリーデン「演技だ」

クレハ「な・・・・っ!?」

ルクスフリーデン「見抜けないお前が悪いな」

クレハ「・・・前に高貴の剣とかいってたの嘘だろ」

ルクスフリーデン「それよりもそろそろ現実でも起きないとな」

ルクスフリーデン「グレーテルちゃんを守るんだろ?」

クレハ「・・・改めて言うな!」

クレハ「さっさと戻ってあのバケモノ倒すぞ!」

 

スタスタスタ・・・・

 

ルクスフリーデン(そうだ、守るものがあればお前は強くなれる・・・・・)

ルクスフリーデン(かつての自分のように・・・・)

ルクスフリーデン(そうだよな・・・・ネイ)

 

ファルス・ヒューナル「オォォォォォォォォ!!!」

クレハ「・・・・ッ!!!」

 

クレハ「イグニッションッ!!!」

 

クレハ(・・・・今ならいけるっ!!)

クレハ「ルクスフリーデンッ!力を貸せ!!!!」

 

クレハ「フルスロットルッ!!!!」

 

ファルス・ヒューナル「!!!?」

クレハ「・・・・いくぞッ!!!」

クレハ「はぁぁぁぁぁぁぁッ!!!」

 

クレハ「そこだぁぁぁぁッ!!!」

 

クレハ「せいッ!!!!!」

クレハ「こいつで・・・・終わりだッ!!!」

 

ファルス・ヒューナル「グォォォォォォォォ!!!!」

 

ドォォォォォォン!!!

 

クレハ「・・・終わった。」

 

 

クレハ「・・・ってかサーヤがいないな」

クレハ「家に帰ったのか?」

クレハ「まあいいや、腹減ったし家に戻るか」

 

 

 

 

 

フィィィィィィン

サーヤ「・・・どうやら成功のようだな」

サーヤ「・・・ホログラムに気づかないとはまだまだかもしれないが」

サーヤ「そこは経験しかないか」

サーヤ「それにしても、予想以上の威力だったようだな」

サーヤ「・・・はもう直らんか。」

サーヤ「どっかで新しい武器を調達しないとな・・・」

 

サーヤ(クレハが倒れた直後懐かしい感じがしたが、なんだったんだろうか?)

サーヤ(あの感じは確か・・・)

 

終わり

 

覚醒ポーズで8M・・・

TAで稼ぐか・・・

それにしてもクレハとグレーテルちゃんの倒れてる画像使いすぎだな

SE○Dのあのシーンじゃあるまいしw

 

■登場人物

クレハ ヨッキ家長男 なんでこんな主人公っぽくなったんだ?

サーヤ アークス研究員 最近こいつの方向性決まったから早く書きたい

ルクスフリーデン クレハの剣 口調変わってる?え?何をいってるのかさっぱり??

■友情出演

グレーテル 唯家のロリっ娘 あの抱きつきシーンは正直びっくりしますたハイ

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2017年 12月 03日

    ついにクレハ君が覚醒したかΣ( ̄□ ̄)!
     俺も書かないとだな・・。気力があれば・・w水曜からリリチなんだよな・・。
      抱きつくシーンは美味く撮れたと思うぞw

      • ヨッキ@Everlasting
      • 2017年 12月 03日

      クレハの修行はこれでラストっす!
      グレーテル編で煮るなる焼くなりw

      泣いてる感じにできたのもそうだけど・・・
      抱きつきシーンがあることもっとびっくりw

画像を追加する(JPEGのみ)