2017
10.15

ボクと不思議な国の仲間達 第7話「真のダークネス!!」

いいね! 3
Loading...

プレイ日記

召喚妃ダークネス・レイヴェル「見せてあげるわよッ!ウチのダークネスの力!!!」

 

「ゴォォォォォォォォ!!」

 

黄金姫・アリシア「なんだ・・あの空・・・。」

 

マガツ「グォォォォォォ!!」

 

黄金姫・アリシア「うそぉΣ( ̄□ ̄)! マガツを召喚できるのか・・。」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「アハハッ!ダークネスになった!ウチの力は魔神すら召喚できるのよ!」

 

黄金姫・アリシア「だけど・・ボクだって!負ける訳にはいかないんだー」(ハァァァァッ!

 

マガツ「ドバーーーーーーーン!!!」

 

黄金姫・アリシア「マガツのビーム・・なんて破壊力だ・・。」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「あんた!マガツばっかり構ってていいの!! ウチもいるんだからッ!」(ドーン!!

 

黄金姫・アリシア「しまった・・。(ドバーン!! うぅ・・・(>_<。) 」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「アハハッ! 黄金姫の力も!こんなものねぇ!!」

 

黄金姫・アリシア「うぅ・・・。 そうだ!!キミ達、2対1なんて卑怯だぞ!」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「なに!?戦いに卑怯もクソもないわよ!!」

 

黄金姫・アリシア「そんなぁ~(>_<。)」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「さぁ~!やっちゃってよ!!マガツ!!」

 

マガツ「ドバーーーーーーーン!!!!」

 

黄金姫・アリシア「うわぁぁぁ・・。」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「アハハ! 跡形もなく吹っ飛んだかしらッ! どれぇ?」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「ん!? なによ!? その姿・・!?」

 

アリシア「うぅ・・・。まだ、生きてる・・。(;-_-)=3 ん!?姿!?」

 

召喚姫・アリシア「ボクの新しいダークネス!?」

 

召喚姫・アリシア「もしかしてボクも召喚を使えるのかな!?」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「ふざけるんじゃないわよッ!ウチのダークネスまでマネしやがって!!」

 

召喚姫・アリシア「ボクは・・そんなつもりじゃ・・。(なに怒ってんだよ・・。」

 

召喚姫・アリシア「見せてあげるよ!ボクの召喚術!!」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「ちっ!!!」

 

召喚姫・アリシア「いけぇぇぇ!!!」

 

「ゴォォォォォォォォ!!」

 

????「・・・・・。」

 

使い魔リネット「こんちわ!ご主人様!ボクの名前はリネットって、言うんだ!!よろしくなッ!!」

 

召喚姫・アリシア「なっ!! ヴォルドラゴンとかを期待してたのに・・。まな板デビルが出てきた・・。」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「アハハ!何にそれ!?すごぉ~い弱そぉ!!」

 

召喚姫・アリシア「うぅ・・・。 ねぇ!リネット!ボクの名においてマガツを倒してきてよ!」

 

使い魔リネット「ん!?イヤだ!! そんなのご主人様が倒しなよ!!そしてボクはまな板じゃない!」

 

召喚姫・アリシア「なッ!!ボクはご主人様だぞ( ̄△ ̄)!」

 

使い魔リネット「ん~(‘-‘*) そうだ!!」

 

使い魔リネット「ボクの足を舐めろ!そしたらゆうことを聞いてやる!(上から目線」

 

使い魔リネット「ほれ!!!」

 

召喚姫・アリシア「なっ!!ふざけんなッ!!(ノ-“-)ノ~┻━┻ そんなことできるわけないだろ!!」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「アハハッ!ちょーウケるんだけど!!どっちが使い魔だかわからないねッ!!」

 

使い魔リネット「ほれ!!!舐めろ!」

 

召喚姫・アリシア「みんなしてボクをバカにしやがって・・。 グーパンチo-_-)=○☆」

 

使い魔リネット「いて・・。ヒドいなッ!ご主人様・・。」

 

召喚姫・アリシア「どっちがひどいんだよ・・。ボクのヴォルドラゴンが・・。」

 

使い魔リネット「いいよ!ボクの力見せてあげるよ!」

 

召喚姫・アリシア「その不似合いな剣なんだよ・・!!」(チートか!?

 

マガツ「ゴォォォォォォォォ!!」

 

使い魔リネット「ハァァァァッ!!」

 

「バシュッッ!!」

 

マガツ「ウヴォォォォォォ」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「バッ・・バカなッ・・!!ウチのマガツを・・。」

 

召喚姫・アリシア「今だ!やぁぁぁぁぁぁッ!! 黄金姫!!」

黄金姫・アリシア「ハァァァァッ!!」

 

「ドバーーーーーーーン!!!!」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「うわぁぁぁ・・。」

 

使い魔リネット「やったな!ご主人様!!」

 

黄金姫・アリシア「ふぅ~(‘-‘*) ありがとう🎵 リネット!」

 

使い魔リネット「いいってことよ( ̄ー ̄)! さぁ~(‘-‘*) ボクの足を舐めよ!!ほれ!!!」

 

黄金姫・アリシア「はぁ!? ふざけんなッ!!o-_-)=○☆パンチ!」

 

使い魔リネット「いて・・。(>_<。)」

 

召喚妃ダークネス・レイヴェル「ウチはまだ・・負けてないんだからッ・・! やぁぁぁ!!」

 

「カキーーン!!!」

 

黄金姫・アリシア「諦めなよ!!レイヴェル!!ボクはキミの命まで奪う気はないよ!!」

 

召喚妃・レイヴェル「うぅ・・・。」

 

召喚妃・レイヴェル「ハァ・・ハァ・・。(ウチは魔王レイヴェル・フェニックス様の能力の一部・・。)」

 

召喚妃・レイヴェル「ハァ・・ハァ・・。ウチはこんなとこで負ける訳にはいかないのよッ・・!!」

 

黄金姫・アリシア「なに!?この異様なダークネスの力は・・。 リネット!」

 

使い魔リネット「Zzzzz….。」

 

黄金姫・アリシア「リネットォォォォォ!!( ̄△ ̄)」

 

召喚妃レイヴェル「負ける訳にいかない…負ける訳にはいかない….。」

 

「ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォ」

 

黄金姫・アリシア「なに!?この闇のダークネスの奔流は・・・。」

 

召喚妃ダークネスオルタナティブ・レイヴェル「アハハッ!!」

 

黄金姫・アリシア「なんだよ・・。その禍々しい姿は・・・。」

 

オルタナティブ・レイヴェル「アハハッ!これが真のダークネスの姿!!ダークネスオルタナティブなんだからッ!!」

 

黄金姫・アリシア「ボクだって・・負ける訳にはいかないんだッ!! ハァァァッ!!」

 

オルタナティブ・レイヴェル「そんなもの効かないよッ!!」

オルタナティブ・レイヴェル「ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォン」

 

アリシア「うわぁぁぁ・・。」

 

オルタナティブ・レイヴェル「さぁ!生意気な小娘!あんたもここで終わりよ!!」

 

アリシア「うぅ・・・。ボク・・ここで殺されちゃうの・・。」

 

????「そこまでだ!!!」

 

王の左席????「そこまでにしておけ召喚妃!!」

破骸鬼「・・・・・・」

 

オルタナティブ・レイヴェル「バンビエッタとサキエル!なぜだ!?」

 

アリシア「・・・・・。」

 

王の左席・バンビエッタ「その娘は魔王様の妹だぞ!! 命まではとるな!」

 

破骸鬼・サキエル「・・オルタナティブ・・マデ・・ツカイ・・オッテ・・・」

 

オルタナティブ・レイヴェル「この小生意気な小娘が・・魔王様の妹だと・・。」

 

王の左席・バンビエッタ「お前達、今回は引くぞ!」

 

オルタナティブ・レイヴェル「ちっ!!!・・・」

 

????「アリシアさん・・私の声が聞こえますか?」

 

・・・終わり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「不思議な国の闇使いアリシア」

「召喚妃・レイヴェル」

「使い魔・リネット」

「黄金姫・アリシア」

「召喚姫・アリシア」

「召喚妃ダークネス・レイヴェル」

「召喚妃ダークネスオルタナティブ・レイヴェル」

「王の左席・バンビエッタ・バスターバイン」

「破骸鬼・サキエル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ヨッキ
    • 2017年 10月 16日

    前に部屋に侵入・・・けふん。
    お邪魔した時にまな板ちゃんがいると思ったら
    こういうことだったのね。

      • 2017年 10月 16日

      マジか((((゜д゜;))))
       リネットはもぉ一人のアリシア要員です!

画像を追加する(JPEGのみ)